自然、普段よく使い聞きなれた言葉です。私も自然療法と言う言葉を使っています。しかし自然の定義は何でしょう。自然って何ですか?と問われたらどう答えますか?自然に生きる、自然農法、自然が好き。何気なく使う自然という言葉。飯島秀行氏の言葉をお借りすると”自然とは完全なる循環”である。という事になりそうです。”自然は決してゴミを出さない。”ともおっしゃっています。確かにそう思います。私も自然という言葉を使っているからには完全なる循環に一歩でも近い生活をしようと心に決めてはいるのですが、まだまだ程遠いのが現状。なんとも罪深い生き物ですね。

我が家の大切な家族、愛犬バウム、既に満18歳を超えた。昨年頃から耳は聞こえなくなり、現在は目も殆ど見えない。だがイラつく事も無く毎日の散歩もゆっくりゆっくり、少し足元も覚束ないが元気に過ごしている。その昔近くの港に子犬の時に捨てられていた。大勢の人が居たが、気がつくと私にぴったりと寄り添い離れない。こんな出会いから18年、一度も病気もせず今まで元気に生きている。「犬の様に生きる」という誰かのエッセイをつまみ読みした事が有るが、バウムを見ているとその意味もわかる。嘘をつかず、愛情に溢れ、決して危害を加えない。そして自分の老いも何事も無い様に受け入れる。悠々自適の隠居生活の様だ。勉強させて頂きます。ありがとう!そしてこれからも。
予約の内容は小学生の児童で寝違えて首が痛いのに我慢して体育の授業を行ううちに腹痛がおき母親が迎えに行くと痛さと恐怖で泣きじゃくっているとの事。来院時には未だお腹と首が痛いと泣いていた。お腹は極度の緊張からであろう事が容易に想像できる、真面目なお子さんで相当我慢をしていたのだろう。施術開始からすぐに眠り始め終了まで一度も目を覚まさない。終了後はお腹の痛みも消え首も殆ど痛くないとの事、翌日にはその痛みも消えるで有ろう事を説明し帰宅して頂いた。予想通り翌日には元気に登校されたとの連絡が入る。痛みは危険信号です、我慢していると体が痛みの悪循環をおこします。子供も大人も同じこと。我慢しないでくださいね。