今をときめくダルビッシュ投手も高校生の頃に苦しんだオスグッド、成長期における膝の疾患の代表格です。特に近年増えてきた症状で、骨の成長に筋肉がついていけないのが原因だと思っています。酷くなると剥離骨折に至る事も有り、スポーツ選手には特につらいのですが、膝に関連する筋肉を柔軟にしてあげて膝関節にちょっとした施術を行う事で意外なほど簡単に解決します。これまで沢山の症例が有りますが本人も付き添いの親御さんもあっけに取られるくらいです。
関連する記事
コメント
コメントする