我が家の大切な家族、愛犬バウム、既に満18歳を超えた。昨年頃から耳は聞こえなくなり、現在は目も殆ど見えない。だがイラつく事も無く毎日の散歩もゆっくりゆっくり、少し足元も覚束ないが元気に過ごしている。その昔近くの港に子犬の時に捨てられていた。大勢の人が居たが、気がつくと私にぴったりと寄り添い離れない。こんな出会いから18年、一度も病気もせず今まで元気に生きている。「犬の様に生きる」という誰かのエッセイをつまみ読みした事が有るが、バウムを見ているとその意味もわかる。嘘をつかず、愛情に溢れ、決して危害を加えない。そして自分の老いも何事も無い様に受け入れる。悠々自適の隠居生活の様だ。勉強させて頂きます。ありがとう!そしてこれからも。
関連する記事
コメント
コメントする