予約の内容は小学生の児童で寝違えて首が痛いのに我慢して体育の授業を行ううちに腹痛がおき母親が迎えに行くと痛さと恐怖で泣きじゃくっているとの事。来院時には未だお腹と首が痛いと泣いていた。お腹は極度の緊張からであろう事が容易に想像できる、真面目なお子さんで相当我慢をしていたのだろう。施術開始からすぐに眠り始め終了まで一度も目を覚まさない。終了後はお腹の痛みも消え首も殆ど痛くないとの事、翌日にはその痛みも消えるで有ろう事を説明し帰宅して頂いた。予想通り翌日には元気に登校されたとの連絡が入る。痛みは危険信号です、我慢していると体が痛みの悪循環をおこします。子供も大人も同じこと。我慢しないでくださいね。
関連する記事
コメント
コメントする