首が痛くて病院で診察を受け、特に骨に異常は無いが少し狭まっている所が有ると言う事で痛み止めと湿布、そしてもう一種類、筋肉弛緩剤を処方され、指示通りに服用するも一向によくならないどころか体に力が入らなくて直立もままならないと、70代の女性が来院された。施術後は首の痛みも取れ呼吸も楽になり体が軽くなったと喜ばれていたが、薬を持参されていたので調べてみた。この方の場合副作用の部分がかなり症状として現れている様で(脱力感、便秘、体のこわばり、浮腫)説明すると、しっかり納得された。この薬、ふぐ毒と同じ原理で筋肉弛緩させるらしい。湿布で症状が悪化してしまった患者さんも過去に沢山おられる。医者の言う事だからと安易に薬に頼るのはいかがなものか。
関連する記事
コメント
コメントする