私の元には仕事柄、治療院経営のDMやメルマガが多数届きます。その内容のほとんどが集客に関する事です。例えばある治療院では施術料が7000円、一人の患者さん平均24回の来院、院長のインタビュー記事が掲載され、あなたの治療院も繁盛店になれるといった内容です。そうなりたい治療院が多いといった世情でしょうか。一人24回も受けるということは余程の重傷かそうでなければ治っていない又は恐怖心を植え付けて来院してもらうといった状況が推測されます。そもそも人を健康にする為の病院や機関がまともな事をしていれば患者さんも減少するはずで繁盛すること自体おかしい話なのです。そんな業界を危惧しつつ、これからも最小回数最大効果をモットーに一人でも多くの人に私の施術を通して自然治癒力の素晴らしさに気付いていただき、不要で有害な薬や医療(全否定ではありません)から解放されることが私の社会貢献だと自覚しております。私の施術を受けられた患者さんが「凄いですね」と言われるのですが凄いのはあなたの自然治癒力なのです。


自然、普段よく使い聞きなれた言葉です。私も自然療法と言う言葉を使っています。しかし自然の定義は何でしょう。自然って何ですか?と問われたらどう答えますか?自然に生きる、自然農法、自然が好き。何気なく使う自然という言葉。飯島秀行氏の言葉をお借りすると”自然とは完全なる循環”である。という事になりそうです。”自然は決してゴミを出さない。”ともおっしゃっています。確かにそう思います。私も自然という言葉を使っているからには完全なる循環に一歩でも近い生活をしようと心に決めてはいるのですが、まだまだ程遠いのが現状。なんとも罪深い生き物ですね。

今日は私がどれ程の力加減で刺激を加えているのか実測してみました。方法は電子秤に指を当て普段と同じ感覚で圧を加える方法です。実際の施術では無いものの、かなり正確だと思います。まずは頭部、頭蓋骨の動きを調節したり筋肉の緊張を取る時です。3〜5gでした。首の施術では7〜30g肩凝りには9〜73gでした。肩甲骨周辺、背中、腰は180g前後、下肢は260g前後という結果です。勿論症状や細かな場所の違いによりこの数値は変わりますが、この程度で充分なのです。本日も疲れきった表情の美容師さん、終了後にはとても穏やかな笑顔で「至福の時でした。有難うございます。」と、いえいえこちらこそ、すてきな笑顔を有難うございます!3日後にはもっと元気になりますよ、お楽しみに!

初めて私の施術を受けられた方は"不思議"と言う言葉を口にされます。整体のイメージからは、かけ離れた、超ソフトな、何をされているのかも解らないけど気持ち良くて眠ってしまう。でも自分の寝息や周りの音は、ちゃんと聞こえていて意識が有る。こんなソフトな施術で効果が有るのかと思えば、私の説明どおりに、2日間程だるさが出てその後はとても調子が良くなる。この一連の流れこ自己治癒力が活性化し自分の力で回復する、自然治癒なのです。

首が痛くて病院で診察を受け、特に骨に異常は無いが少し狭まっている所が有ると言う事で痛み止めと湿布、そしてもう一種類、筋肉弛緩剤を処方され、指示通りに服用するも一向によくならないどころか体に力が入らなくて直立もままならないと、70代の女性が来院された。施術後は首の痛みも取れ呼吸も楽になり体が軽くなったと喜ばれていたが、薬を持参されていたので調べてみた。この方の場合副作用の部分がかなり症状として現れている様で(脱力感、便秘、体のこわばり、浮腫)説明すると、しっかり納得された。この薬、ふぐ毒と同じ原理で筋肉弛緩させるらしい。湿布で症状が悪化してしまった患者さんも過去に沢山おられる。医者の言う事だからと安易に薬に頼るのはいかがなものか。